人気のユーグレナone(ワン)オールインワンクリームとバランシングゲル

ユーグレナone(ワン)オールインワンクリームとバランシングゲル比較

 

高い保湿力で人気のあるユーグレナone(ワン)オールインワンクリームとバランシングゲル。

 

ジャータイプのユーグレナone(ワン)オールインワンクリームとプッシュボトルのバランシングゲルは、使い勝手の好みが分かれるところです。

 

この2製品について、配合成分や価格、サポート内容など気になるポイントを比較してみました。

 

ユーグレナone(ワン)オールインワンクリーム バランシングゲル
配合成分 加水分解ユーグレナエキス、クロレラエキス、水、スクワラン、グリセリン、BG、ベンチレングリコール、イソノナン酸イソノニル、パルチミン酸スクロール、アルゲエキス、シゾサッカロミセスポンベエキス、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、水溶性コラーゲン、ジメチコン、オリゴペプチド-24、リン酸アスコルビルMg、アセチルデカペプチド-3、トコフェロール、イソステアソン酸PEG-20グリセル、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ベタイン、カルボマー、マンニトール、フェノキシエタノール、セルロース、水酸化Na、エチルヘキシルグリセリン、エチルセルロース、結晶セルロース、ヒドロキシブロピルメチルセルロース、(クロロフィリン/銅)複合体、水溶性プロテオグリカン、水添レシチン、ベンテト酸5Na、銅クロロフィル、ポリクオタニウム-61(順不同) スクワラン、ベタイン、水溶性プロテオグリカン、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、水溶性コラーゲン、ダイズ種子エキス、ビワ葉エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、シャクヤク根エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、ヒアルロン酸Na、ユズ果実エキス、レモン果実エキス、アロエベラ葉エキス、ナタネ油、グリチルリチン酸2K、トレハロース、ヘキサシジオール、カルボマー、水酸化K、水添レシチン、キサンタンガム、コレステロール、パルミチン酸、トコフェロール、ラウロイルラクチレートNa、フィトスフィンゴシン、(C12-16)アルコール、フェノキシエタノール、水、グリセリン、BG、
添加物など パラベンフリー、鉱物油フリー、合成香料フリー、アルコールフリー 石油系界面活性剤、アルコール、合成香料、合成着色料、シリコン、鉱物油不使用
内容量 40g(1ヶ月分) 150g(2ヶ月分)
定価 2980円 5250円
お得な定期購入 定期お届け便あり・初回限定980円・2回目以降は10%割引 お届け定期便あり・初回限定3725円・2回目以降15%割引・3回目20%割引・4回目以降25%割引
おすすめポイント ユーグレナ成分配合・これ1つで化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地・アイクリーム・デコルテクリーム・ボディクリーム・リップケアの10役・ナノエマルジョン加工・無添加・ これ1つで化粧水・美容液・乳液・クリームの4役、返金保証あり、ラメラ構造のゲル採用、リッチセラミド処方、プロテオグリカン配合、無添加
おすすめ度 ★★★★ ★★★

内容量について

ユーグレナone(ワン)オールインワンクリームは1つあたり40gでおよそひと月使用することができます。

 

とてものびのいいクリームですから、ベタつきが気になる人は目安使用量のパール大よりも少なくても大丈夫です。

 

実質的にはひと月以上使うことも可能です。

 

 

バランシングゲルは1本150g入りで2ヶ月分となっています。

 

こちらは普通肌の人は一度のお手入れあたり2~3プッシュ、乾燥肌の人は3~4プッシュが推奨されています。

 

どれくらい使うかによって持ちは違いますが、2ヶ月は使えると思っておいていいでしょう。

配合成分の違いについて

ユーグレナone(ワン)オールインワンクリームで注目すべき成分はその何も使われているユーグレナエキスです。

 

ユーグレナは培養がたいへん難しい生物ですが、ユーグレナ社が世界で初めて培養に成功しました。

 

そのエキスをふんだんに使用しているので、さっとつけるだけで驚くほどのうるおいを実現することができます。

 

さらにプラスしてプラセンタエキス、酵母エキス、アルゲエキス、ヒアルロン酸などの美容成分を惜しげもなく配合しているのもポイントです。

 

 

バランシングゲルには、3種類のセラミドを配合したリッチセラミド処方を採用しています。

 

お肌の水分量と密接にかかわっているセラミドをふんだんに配合することで、保水力を高めてバリア機能を正常に保つ効果が期待できます。

 

また注目の美容成分プロテオグリカン配合で、ぷるんと弾むみずみずしいお肌を実現します。

 

他にもたるみを防ぐ糖化対策ができる美容成分を配合し、くすみ肌対策としても使用することができるゲルとなっています。

サポート内容について

ユーグレナone(ワン)オールインワンクリームについての問い合わせは、製造販売元であるユーグレナ社のお客様窓口から行うことができます。

 

返金保証などの設定は今のところありません。(2017年2月現在)

 

 

バランシングゲルのサポート体制としては、お客様専用窓口が設けられています。

 

公式ホームページに記載されているメールアドレスやフリーダイヤルからつながります。

 

またお届け定期便にはサンプルがついており、万が一お肌に合わなかった場合には返品できる保証が設定されています。

 

こちらは定期便だけの保証で、本体未開封のものに限りますので気を付けてください。

価格やお得な定期コースについて

ユーグレナone(ワン)オールインワンクリームとバランシングゲル比較

 

ユーグレナone(ワン)オールインワンクリームの定価は2980円、バランシングゲルの定価は5250円です。

 

ひと月分に換算すると、バランシングゲルは2625円となり300円ほどコスパに優れていることになります。

 

 

お得な定期コースの設定は両者ともにあり、ユーグレナone(ワン)オールインワンクリームは初回特別価格980円、2回目以降は10%割引となっています。

 

バランシングゲルは初回3725円でサンプル5回分付き、2回目以降は割引率が上がり4回目からは25%割引が適用されます。

ユーグレナone(ワン)オールインワンクリームとバランシングゲル おすすめポイントについて

ユーグレナone(ワン)オールインワンクリームもバランシングゲルも、保湿力に重きをおいたオールインワン化粧品です。

 

おすすめポイントとしてはユーグレナone(ワン)オールインワンクリームが1つで10役なのに対し、バランシングゲルは4役となっています。

 

バランシングゲルを使ってお手入れする場合、化粧下地やアイクリーム、デコルテクリームなどを重ね付けする必要があるということです。

 

 

またどちらも美容成分をお肌の奥深くまで浸透させる工夫がこらされています。

 

ユーグレナone(ワン)オールインワンクリームは粒子を細かくするナノエマルジョン加工、バランシングゲルは水分と油分を交互にするラメラ構造を採用。

 

どれだけよい成分を配合しても、お肌の深いところまで浸透していかないと意味がありません。

 

その点ではユーグレナone(ワン)オールインワンクリーム・バランシングゲルどちらもしっかりその対策がとられているということです。

 

 

そして気になる添加物ですが、両者ともに無添加にこだわって製造されています。

 

乾燥しがちなお肌のバリア機能を保つため、余分な刺激はできるだけ取り除きたいという製造元の高い意識が垣間見えますね。

 

この両者をさまざまな観点から比較してみた結果、注目の成分ユーグレナエキスが配合されているという点、美容成分の種類の多さ、これ1つでカバーできる役割の多さが突出しているということからユーグレナone(ワン)オールインワンクリームを★4つ、

 

コスパの面で優れており返品保証がついているけれど配合成分が少ないバランシングゲルを★3つといたしました。

 

人気のユーグレナone(ワン)オールインワンクリームと他のオールインワン化粧品を徹底比較